気に入るどっちも!が見つからない場合には?

気に入るどっちも!が見つからない場合には?

ラクトフェリンとビフィズス菌を一緒に摂れるサプリメントは最強だなと思いつつ、これというサプリメントが無いという場合もあるでしょう。
その場合にはよく考えてみましょう。果たして、自分にビフィズス菌は足りているのか?ということを。
ラクトフェリンは食品で摂れないことが確実なのでなんとなく分かるのですが、ビフィズス菌はヨーグルトなどで摂取することも可能です。
もし、ヨーグルトを普段から食べているという人は特にビフィズス菌配合のサプリメントにこだわらなくてもいいのかもしれません。
ビフィズス菌単独のサプリメントを購入して、必要なときに摂取するというスタイルでもよいのではないかと思います。
その他、ヨーグルトなどビフィズス菌が配合してあるような食品が嫌いだという人もいるでしょう。
そのような人は確実にビフィズス菌が不足していると思われますから、どこかで(サプリメントが確実でしょう)摂取するようにしましょう。

 

相性の良い成分を同時に摂取するということは、ラクトフェリンのサプリメントに留まらずに大事なことと言えます。
サプリメントの特性を考えながら、相性の良い成分を摂取するようにしましょう。
中には相性の悪い成分があるサプリメントもあります。それについても考えておくとさらに効果的な摂取ができるでしょう。